弁護士による電話相談無料 TEL03-6273-7758 (月から土 10:00~19:00)
日本全国対応!オンライン相談OK お問合わせ

会社のニーズに対応した就業規則の変更について弁護士がサポート 就業規則変更のための企業法務サービス

就業規則は、法律上作成しなければならないものではありますが、一度作って終わりというものではありません。会社の成長、時代の変化、法律改正等に伴い、随時、見直しを行い、会社運営のためだけでなく、従業員のためにも、適切な内容に改定を行っていく必要があります。 既存の就業規則に問題がないかのチェック、会社のニーズに合わせた変更等について、弁護士法人キャストグローバルでは、会社が適切な対応がとれるように企業法務サービスを行っております。

就業規則変更のための企業法務サービス一覧

企業法務サービス名
スポット依頼
価格(税別)
顧問契約先様
費用(税別)
就業規則の作成 詳細を見る
30万円~
顧問割引(5~30%)
同一労働同一賃金に適した就業規則変更 詳細を見る
30万円~
0円~or顧問割引
在宅勤務規定に関する就業規則変更 詳細を見る
30万円~
0円~or顧問割引
問題社員対策に適した就業規則変更 詳細を見る
30万円~
0円~or顧問割引
副業規定に関する就業規則変更 詳細を見る
30万円~
0円~or顧問割引
上場企業に適した就業規則変更 詳細を見る
30万円~
0円~or顧問割引
法改正等に対応した就業規則変更 詳細を見る
30万円~
0円~or顧問割引
業態転換に伴う就業規則変更対策 詳細を見る
30万円~
0円~or顧問割引
企業が実現したい人事賃金制度に照らした就業規則の変更 詳細を見る
30万円~
0円~or顧問割引

就業規則変更のための企業法務サービスの内容

書類作成

就業規則の
作成

就業規則の作成は、全ての企業に義務付けられているわけではありません。しかしながら、就業規則の作成が義務付けられている場合もそうでない場合も、その企業の規模や業態に応じた就業規則の作成をしておくことが企業や従業員を守ることになります。
弁護士法人キャストグローバルでは、御社のニーズに合わせた就業規則作成のサポートを行っております。
また、顧問契約を締結して頂ければ、費用的にリーズナブルとなるだけでなく、より継続的に御社のお手伝いをさせて頂くことが可能となります。
スポット依頼
価格(税別)
顧問契約先様
費用(税別)
30万円~ 顧問割引(5~30%)
おすすめプランを見る
アドバイス

同一労働同一賃金に適した
就業規則変更

同一労働同一賃金を定めた働き方改革関連法が成立し、大企業については2020年4月から、中小企業については2021年4月から適用されます。同一労働同一賃金とは、同一企業内において、正社員とパート社員、契約社員、派遣社員との間で、不合理な待遇差別を行うことを禁止するルールです。不合理な待遇差別を放置していると、パート社員等の不満を招き職場環境が悪化するだけでなく、パート社員等から、正社員のみに支給されている手当等について支払いを求める裁判が提起されるおそれ等もあります。パート社員等を雇用しているすべての企業が、不合理な待遇差別がないか確認し、差別が確認される場合には、その是正措置を講じる必要があります。
弁護士法人キャストグローバルでは、同一労働同一賃金の適用に合わせた人事・賃金制度の見直しや、就業規則・賃金規定の変更等のサポートを行っております。
また、顧問契約を締結して頂ければ、費用的にリーズナブルとなるだけでなく、より継続的に御社のお手伝いをさせて頂くことが可能となります。
スポット依頼
価格(税別)
顧問契約先様
費用(税別)
30万円~ 0円~or顧問割引
おすすめプランを見る
アドバイス

在宅勤務規定に関する
就業規則変更

総務省の発表によると、令和元年時点でテレワークを導入している企業は20.2%でしたが、新型コロナウィルスの感染拡大を契機にテレワークの必要性が見直され、多くの企業でテレワークが導入されるようになってきました。テレワークには、業務効率化による生産性向上、育児・介護を理由とした離職防止、遠隔地の優秀な人材の確保による採用強化、災害時等におけるリスク分散などのメリットがある一方で、情報漏洩のリスクや、従業員の労働実態が見えにくくなるため労働時間の把握や健康管理といった労務管理が難しくなるといった側面もあります。テレワークを導入し、定着させるには、このようなリスクを適切にコントロールし、また、従業員の納得感のあるルール作りが重要となります。
弁護士法人キャストグローバルでは、このような制度作りや就業規則の変更等のサポートを行っております。
また、顧問契約を締結して頂ければ、費用的にリーズナブルとなるだけでなく、より継続的に御社のお手伝いをさせて頂くことが可能となります。
スポット依頼
価格(税別)
顧問契約先様
費用(税別)
30万円~ 0円~or顧問割引
おすすめプランを見る
アドバイス

問題社員対策に適した
就業規則変更

成績不良、職務怠慢、勤務態度不良など、問題社員の問題は、どのような企業でも起こりえます。問題社員への対応は、問題行動のレベルにもよりますが、一般的には、指導、を繰り返し行って是正を促し、それでも是正されない場合に懲戒処分を行い、なお是正されない場合に、退職勧奨、解雇を検討するという流れになります。これらの手続を行う上で前提となるのが就業規則です。しかし、問題社員の問題が発生し、いざ対応をとろうとしても、当該問題行動が就業規則上明確に禁止されていない、懲戒事由として定められていないといったときは、企業が当該問題社員に対してとれる対策は限られてしまいます。また、就業規則の服務規程等に予め企業が問題と考える行動を明記しておくことで、問題社員の発生を防ぐという効果も期待できます。このように、問題が発生する前に、問題社員対策に適した就業規則を整備しておくことが重要となります。
弁護士法人キャストグローバルでは、このような問題社員対策に適した就業規則の変更等のサポートを行っております。
また、顧問契約を締結して頂ければ、費用的にリーズナブルとなるだけでなく、より継続的に御社のお手伝いをさせて頂くことが可能となります。
スポット依頼
価格(税別)
顧問契約先様
費用(税別)
30万円~ 0円~or顧問割引
おすすめプランを見る
アドバイス

副業規定に関する
就業規則変更

これまで、従業員の副業・兼業については、原則として認めないといった企業が大多数でした。しかし、現在、政府は、働き改革の一環として、副業・兼業を原則認める方向で普及促進を図っています。また、人材の育成や、優秀な人材の確保、離職の防止に繋がるとして、大企業などで兼業・副業を解禁する動きも見られます。他方で、副業・兼業の解禁には、本業の生産性の低下のおそれや、情報漏洩のリスク、従業員の総労働時間の把握や健康管理といった労務管理が難しくなるといった側面もあります。副業・兼業の解禁には、このような解禁に伴うリスクを適切にコントロールすることが不可欠です。
弁護士法人キャストグローバルでは、このようなリスクを適切にコントロールした兼業・副業制度づくりや就業規則の変更等のサポートを行っております。
また、顧問契約を締結して頂ければ、費用的にリーズナブルとなるだけでなく、より継続的に御社のお手伝いをさせて頂くことが可能となります。
スポット依頼
価格(税別)
顧問契約先様
費用(税別)
30万円~ 0円~or顧問割引
おすすめプランを見る
アドバイス

上場企業に適した
就業規則変更

新規上場(IPO)を目指す企業は、ビジネスの将来性や財務面の健全性だけではなく、上場企業としてのコンプライアンス面も評価の基準となり、人事・労務体制の整備も重要です。人事制度が未整備であったり、労働法の規定を遵守していない企業は、上場会社としての適格性を有しないとの評価を受ける可能性もあります。
弁護士法人キャストグローバルでは、上場企業として十分かつ適切な就業規則の変更等のサポートを行っております。
また、顧問契約を締結して頂ければ、費用的にリーズナブルとなるだけでなく、より継続的に御社のお手伝いをさせて頂くことが可能となります。
スポット依頼
価格(税別)
顧問契約先様
費用(税別)
30万円~ 0円~or顧問割引
おすすめプランを見る
書類作成

法改正等に対応した
就業規則変更

企業は、労働法を遵守した労務体制の確立が求められており、就業規則は、その実現のための重要なツールです。近年、働き方改革によって、労働環境の改善が求められ、労働基準法も度々改正されております。それに伴い、就業規則は一度作成したら終わりではなく、法改正に伴うアップデートが必要です。
弁護士法人キャストグローバルでは、法改正等に伴って必要となる就業規則の変更等のサポートを行っております。
また、顧問契約を締結して頂ければ、費用的にリーズナブルとなるだけでなく、より継続的に御社のお手伝いをさせて頂くことが可能となります。
スポット依頼
価格(税別)
顧問契約先様
費用(税別)
30万円~ 0円~or顧問割引
おすすめプランを見る
アドバイス

業態転換に伴う
就業規則変更対策

新型コロナウィルス感染症の影響が長期化する中で、社会状況は激変しました。このような状況の中で、需要の低下や売り上げの低下や業態転換を余儀なくされる企業が増えております。また、政府は、新分野展開やグローバル展開等の取り組みを行い事業規模の拡大を目指す企業に対し、事業再構築補助金を支出しており、業態転換を行うチャンスでもあります。
弁護士法人キャストグローバルでは、このような業態転換を行う会社の就業規則の変更等に関するサポートを行っております。
また、顧問契約を締結して頂ければ、費用的にリーズナブルとなるだけでなく、より継続的に御社のお手伝いをさせて頂くことが可能となります。
スポット依頼
価格(税別)
顧問契約先様
費用(税別)
30万円~ 0円~or顧問割引
おすすめプランを見る
アドバイス

企業が実現したい人事賃金制度に照らした
就業規則の変更

賃金規定とは就業規則に必ず記載しなければならないと、労働基準法で定められている項目です。賃金規定には、基本給や職能給、各種手当ての規定や割増賃金などの規定賃金の計算方法、時給制、日給制、月給制、年俸制など企業が実現したい賃金制度に合わせて必要な規定を盛り込まなければなりません。また、人事評価制度についても、企業のニーズに合わせて就業規則に定めることで、人事評価の透明化や不公平感の払しょくにつながり、社員のモチベーション上昇につながります。
弁護士法人キャストグローバルでは、企業が実現したい人事賃金制度に合わせた就業規則の変更等のサポートを行っております。
また、顧問契約を締結して頂ければ、費用的にリーズナブルとなるだけでなく、より継続的に御社のお手伝いをさせて頂くことが可能となります。
スポット依頼
価格(税別)
顧問契約先様
費用(税別)
30万円~ 0円~or顧問割引
おすすめプランを見る

就業規則、人事制度は、民主的に決めかつ周知させる

ネットにあった就業規則で十分、厚生労働省が出したモデル就業規則だから大丈夫、そうでしょうか。多くの会社を見させて頂いておりますが、業種・業態は当然のことですが、会社規模のみならず、会社風土、会社の歴史によって、その働き方は、全く異なっています。

就業規則・人事制度は、法律上作らないといけない規則・制度であるから作らざるを得ないというものではなく、会社の運営のため社員のために作成し、会社の成長と共に変化しなければいけないものです。うちの社員は、なんとなく阿吽の呼吸でわかってくれているから大丈夫なんてことを言っていると、会社内部から亀裂が走り、会社の存続に関わる重要な問題となりかねません。M&Aをすることもなくあと数年で廃業するという会社以外は、就業規則・人事制度が必要ですし、さらに日々改定が必要です。

ページ上部へ
CLOSE