弁護士による電話相談無料 TEL03-6273-7758 (月から土 10:00~19:00)
日本全国対応!オンライン相談OK お問合わせ

従業員の解雇・退職勧奨に関するトラブルを弁護士が解決 従業員解雇・退職勧奨のための企業法務サービス

会社を運営する中で、従業員に辞めてもらいたい場面というのは、少なくありません。しかし、そのような場合、適切な手続きを取らなければ、従業員を辞めさせることができないばかりか、紛争となることもあり得ます。 法的に適切な方法で、従業員に辞めてもらうために必要な手続・対応等について、弁護士法人キャストグローバルでは、会社が適切な対応がとれるように企業法務サービスを行っております。

従業員解雇・退職勧奨のための企業法務サービス一覧

企業法務サービス名
スポット依頼
価格(税別)
顧問契約先様
費用(税別)
従業員の解雇(懲戒解雇・普通解雇・整理解雇)・退職勧奨に向けたプラン作成 詳細を見る
2万円~
0円
従業員の解雇(懲戒解雇・普通解雇・整理解雇)・退職勧奨に向けたプラン実行中のアドバイス 詳細を見る
着手金10万円~/報酬金別
0円〜or顧問割引
解雇(懲戒解雇・普通解雇・整理解雇)・退職勧奨した相手の労働組合・労基署・弁護士から不当解雇・解雇無効の主張があった場合のプラン作成 詳細を見る
2万円~
0円
解雇(懲戒解雇・普通解雇・整理解雇)・退職勧奨した相手の労働組合・労基署・弁護士から不当解雇・解雇無効の主張があった場合の対策のプラン実行中のアドバイス 詳細を見る
着手金10万円~/報酬金別
0円〜or顧問割引
解雇(懲戒解雇・普通解雇・整理解雇)・退職勧奨した相手の労働組合・労基署・弁護士から不当解雇・解雇無効の訴えがあった場合の裁判対応 詳細を見る
着手金30万円~/報酬金別
顧問割引(5〜30%)

従業員解雇・退職勧奨のための企業法務サービスの内容

書類作成

従業員の解雇(懲戒解雇・普通解雇・整理解雇)・退職勧奨に向けた
プラン作成

問題がある従業員を解雇したい場合は、任意に退職して頂くよう退職勧奨を行うか、懲戒解雇か普通解雇の手段をとることになります。しかし、退職勧奨もやり方によっては、違法な退職勧奨と評価されることもありますし、労働基準法や労働契約法において、企業による従業員の一方的な解雇は厳しく制限されています。
弁護士法人キャストグローバルでは、従業員を退職させる場合において、退職勧奨・懲戒解雇・普通解雇といった手続のいずれが適切かを検討したうえで、実際に手続を実行するためのプランの作成を行っております。
また、顧問契約を締結して頂ければ、費用的にリーズナブルとなるだけでなく、より継続的に御社のお手伝いをさせて頂くことが可能となります。
スポット依頼
価格(税別)
顧問契約先様
費用(税別)
2万円~ 0円
おすすめプランを見る
アドバイス

従業員の解雇(懲戒解雇・普通解雇・整理解雇)・退職勧奨に向けた
プラン実行中のアドバイス

弁護士法人キャストグローバルでは、従業員を退職させる場合において、退職勧奨・懲戒解雇・普通解雇といった手続きを実行するためのプランの作成を行った場合、プランの作成だけにとどまらず、実際に退職勧奨・解雇手続きを行う上での具体的なアドバイスを適宜行います。それだけでなく、相談段階では、把握されていなかった問題点等が発見されれば、その対応についてもアドバイスを行います。
また、顧問契約を締結して頂ければ、費用的にリーズナブルとなるだけでなく、より継続的に御社のお手伝いをさせて頂くことが可能となります。
スポット依頼
価格(税別)
顧問契約先様
費用(税別)
着手金10万円~/報酬金別 0円〜or顧問割引
おすすめプランを見る
書類作成

解雇(懲戒解雇・普通解雇・整理解雇)・退職勧奨した相手の労働組合・労基署・弁護士から不当解雇・解雇無効の
主張があった場合のプラン作成

企業は、正当な理由があり、正しい手続を踏めば従業員を解雇することができます。しかしながら、方法を間違えると、従業員本人から、または弁護士や労働組合等を通じて、不当解雇であり解雇は無効と主張される可能性があります。このような主張をされたにも関わらず、問題を放置すれば、労働審判や民事訴訟を申し立てられるおそれがあります。
弁護士法人キャストグローバルでは、このような場合に、まずはどのような対応をすべきかについて、従業員側の主張や、御社の状況を把握したうえで、適切な対策プランのアドバイスを行います。
また、顧問契約を締結して頂ければ、費用的にリーズナブルとなるだけでなく、より継続的に御社のお手伝いをさせて頂くことが可能となります。
スポット依頼
価格(税別)
顧問契約先様
費用(税別)
2万円~ 0円
おすすめプランを見る
アドバイス

解雇(懲戒解雇・普通解雇・整理解雇)・退職勧奨した相手の労働組合・労基署・弁護士から不当解雇・解雇無効の
主張があった場合の対策のプラン実行中のアドバイス

弁護士法人キャストグローバルでは、従業員からの不当解雇という主張に対する対策のプラン作成を行った場合、プランの作成だけにとどまらず、その後の対応や、従業員側との交渉も含めたアドバイスを適宜行います。それだけでなく、交渉の進行に応じたアドバイスや、代理人として従業員側との交渉対応も行います。
また、顧問契約を締結して頂ければ、費用的にリーズナブルとなるだけでなく、より継続的に御社のお手伝いをさせて頂くことが可能となります。
スポット依頼
価格(税別)
顧問契約先様
費用(税別)
着手金10万円~/報酬金別 0円〜or顧問割引
おすすめプランを見る
裁判

解雇(懲戒解雇・普通解雇・整理解雇)・退職勧奨した相手の労働組合・労基署・弁護士から不当解雇・解雇無効の
訴えがあった場合の裁判対応

企業は、正当な理由があり、正しい手続を踏めば従業員を解雇することができます。しかしながら、方法を間違えると、従業員本人から、または弁護士や労働組合等を通じて、民事訴訟、労働審判等の裁判上の手続により、解雇無効を求めて地位確認請求等の訴えを提起される場合があります。裁判上の争いとなりますと、裁判所に提出する書面の作成や証拠の提出が必要となりますので、速やかに専門の弁護士にご依頼することが必要です。
弁護士法人キャストグローバルでは、このような場合に、御社の代理人として裁判対応を行い、御社の利益を最大限考慮した解決を目指します。
また、顧問契約を締結して頂ければ、費用的にリーズナブルとなるだけでなく、より継続的に御社のお手伝いをさせて頂くことが可能となります。
スポット依頼
価格(税別)
顧問契約先様
費用(税別)
着手金30万円~/報酬金別 顧問割引(5〜30%)
おすすめプランを見る

円満に自主的な退職をするように導く

優秀なスタッフには退職して欲しくありません。
しかし、仕事ができないばかりか、周りのスタッフに悪影響を与えるスタッフにはすぐに辞めて欲しい。仕事が出来ないスタッフは、指導をして出来るようになって欲しいが、改善が望めないのであれば、辞めて欲しい。
就業規則を整備し、手続きを適法に進めて、解雇や退職勧告をする必要があります。そうでないと、辞めたスタッフ、解雇したスタッフが、ユニオンに駆け込んだり、弁護士に依頼したりして、従業員の地位確認を求めつつ、ついでに残業代請求をしてくることがあります。
このようなトラブルは、使用者側の部が悪いことが多く、大きな出費をすることになり、手間もかかります。

ページ上部へ
CLOSE