クレーム対応(悪質クレーマー)

企業価値と大切な従業員を守ります

  • なんど説明しても納得いただけない
  • 突然会社に来たりする。従業員が不安がっている
  • 誠心誠意対応するが、誠意を要求される
  • 無理(不当)な要求を受けている

企業にとってお客様からのクレームは宝だ、という人もいます。自社のサービスを改善するには、そのサービスを受けた方からの要望(クレーム)、つまり、エンドユーザーであるお客様からの要望(クレーム)を検討・検証することはとてもとても重要です。したがって、「お客様からのクレームは宝」は、正しいいのかもしれません。
しかし、ここで前提を見誤ってはいけません。それは、「お客様」からの要望(クレーム)であることです。いわゆる悪質なクレーマーは、もはや、「お客様」ではありません。そのような悪質なクレーマーの対応を自社ですることは、時間と労力を無駄にし、何も利益を生まず、従業員の士気を著しく下げます。

クレーム対応(悪質クレーマー)

どこまでをお客様だとするかは、会社ごとに異なると思いますが、お客様でなくなったら、早急にご相談ください。あい湖法律事務所は、御社に代わって、企業価値を棄損する悪質クレーマーに対応し、御社の企業価値・大切な従業員を守ります。

MENU