弁護士による電話相談無料 TEL03-6273-7758 (月から土 10:00~19:00)
日本全国対応!オンライン相談OK お問合わせ

弁護士 芦原のコラム

【原因分析と再発防止策】

  • 法務の技法

マスコミへの謝罪会見や監督官庁への事故報告などで、
決まって説明を求められる2つのポイント。
トラブルを認めようとしない部門に対し主体的な対応をさせるツールとなる。
対外的には、
「無罪」狙いではなく「執行猶予」狙いのツールとなる。

【解説】
社長が頭を下げるシーンだけ見て終わりにせず、
実際の会見内容も見てみましょう。

記者が、
何が原因か?
今後の対策は?
と聞きました。

原因は不明です、
今後の対策は何も決まっていません、
と言ったらどうなるでしょうか?

記者会見の意味がない、
と怒る記者がでてきます。
問題を真摯に受け止める気がない、
と批判記事を書く記者がでてきます。

最近は、
聞かれる前に回答を準備しています。
資料として配布する場合もあります。
この「原因分析」と「再発防止策」があれば、
とりあえず冷静に対応してくれるのです。

社内では、
担当部門にこの2つを報告させることで、
あやふやになるのを防げます。

弁護士 芦原 一郎のコラムはNoteでも公開中!!

ページ上部へ
CLOSE