弁護士による電話相談無料 TEL03-6273-7758 (月から土 10:00~19:00)
日本全国対応!オンライン相談OK お問合わせ

弁護士 芦原のコラム

【背中】

  • 法務の技法

後輩を育てる際、
自分の背中を意識させ、
後輩の背中を意識することによって、
過剰な干渉をせず、
主体性を尊重しつつ、
適度な緊張感と安心感を与えることができる。
自分自身の矜持にもなる。

【解説】
新しく配属された新人君の教育係になりました。
私の方が教育されたいくらいなのにどうしよう。

ポイントは、
過干渉でなく、
放任主義でもない距離のとり方です。
まず、
自分の背中を見せましょう。
仕事に取り組む姿勢などを伝えるのです。
それだけでなく、
新人君の背中を見ていましょう。
ちゃんと把握していて、
時々、
褒めたりアドバイスしたりするのです。
任せてくれている、
という自信と誇り。
見られている、
という緊張感と安心感。

親父の背中は、
見せるものです。
息子や娘の背中は、
見つめるものです。

弁護士 芦原 一郎のコラムはNoteでも公開中!!

ページ上部へ
CLOSE