弁護士による電話相談無料 TEL03-6273-7758 (月から土 10:00~19:00)
日本全国対応!オンライン相談OK お問合わせ

弁護士 芦原のコラム

【衆議独裁】

  • 法務の技法

一部の会社経営者の間で、
経営の理念として採用されている考え方。
議論は皆で行うが、
決断は一人が行い、
反対意見の者も従わなければならない、
というもの。
多くの意見を検討し、
責任の所在を明確にするから、
リスクコントロールにつながる。

【解説】
リーダーにも様々なタイプがあります。
何でも自分で決めてしまい、
あまり人の意見に耳を傾けないタイプ。
逆に、
調整ばかりで自分の考えを見せないタイプ。
この「衆議独裁」は、
両者の良いとこ取りです。

皆の意見に耳を傾ける点は、
「衆議」。
検討がより深くなり、
リスクが減りますね。
決断し、
責任を持つ点は、
「独裁」。
毒のある言葉ですが、
決断力と責任感を表しています。

この2つの要素、
両方共逆のタイプには、
なりたくないですね。

弁護士 芦原 一郎のコラムはNoteでも公開中!!

ページ上部へ
CLOSE