弁護士による電話相談無料 TEL03-6273-7758 (月から土 10:00~19:00)
日本全国対応!オンライン相談OK お問合わせ

弁護士 芦原のコラム

【顔を立てる】

  • 法務の技法

トラブルの解決だけでなく、
複数部門で仕事を行う場合にも、
他部門の言い分をよく聞くことが大切。
自部門の主張がすべて否定された案件について、
業務分担させられるとやる気がなくなるが、
参加した手応えがあると、
やる気が出てくる。

【解説】
あの課長、
会議に呼ばないと駄目ですか?
どうせ反対するだけなんですけど。
それでも、
部長は会議に呼ぶように指示しました。
何故でしょう?

理由の1つ目は、
呼ばないと後が大変だからです。
聞いてない、
と言われ、
協力してくれないかもしれません。

2つ目は、
プロセスです。
偏った意見で判断したとなれば、
その判断自体が問題になりかねません。

3つ目は、
自覚です。
評論家になってもらうのではなく、
当事者として関与してもらうのです。

課長の意見も考慮した結論になれば、
より効果的ですね。

弁護士 芦原 一郎のコラムはNoteでも公開中!!

ページ上部へ
CLOSE