弁護士による電話相談無料 TEL03-6273-7758 (月から土 10:00~19:00)
日本全国対応!オンライン相談OK お問合わせ

弁護士 芦原のコラム

【ストレステスト】

  • 法務の技法

業務がどれだけの負荷に耐えられるかを、
予めテストしておくこと。
個別の案件の最悪シナリオと異なり、
業務環境が悪化した場合など、
業務全般について想定される負荷を高め、
対応可能かどうか、どのような対応が必要か、
を予め経験しておく。

【解説】
悪いことばかりでなく、良いことも含めて、
ストレスをテストしておきましょう。
たとえば生産能力。
注文が殺到したとき、
原料の調達、工場の稼働率、人員や配送の手配など、
シナリオありますか?

自分の周りでも、活用できるテストです。
自分は、
頑張れば一日これだけ処理できる。
これを超える場合には、
どうなってしまうのか。
その予兆は、
どうすればわかるのか。
整理して、上司と話しておくと、
いざと言うとき、お互い落ち着いて対応できますよ。

※法務の観点から、ビジネスのヒントをお話しします。
「法務の技法」「国際法務の技法」「法務の技法 OJT編」の中から、
毎回、1つのトピックの「超要約版」をご紹介します。
本日は、「法務の技法」 5-8の超要約版です。

弁護士 芦原 一郎のコラムはNoteでも公開中!!

ページ上部へ
CLOSE