商標・意匠に関するご相談

知的財産権に強い弁護士

商標・意匠は比較的新しい権利であり、判例の蓄積が少なく、難しい分野です。IT技術の向上により、世界が数秒で繋がる時代になったことで、知的財産権の保護がより大きな問題となりました。台頭する新興国が、知的財産権を侵害しているという先進国からの指摘が定期的に新聞を賑わせます。ここ数年は、中国、一昔前は、日本もやり玉に挙がったこともありました。今後、ますます重要となる知的財産権の対策は、企業にとって必要不可欠です。今まで作り上げてきたブランドを他社に良い様に使われた挙句、ブランドを失墜させられたなんてことになり兼ねません。
お受けする相談として、著作権として保護されるのか、というそもそものお話が多いです。

商標・意匠に関するご相談

商標登録するべきか、意匠登録すべきか、というご相談、そもそも商標と意匠どう違うのかというご相談をお受けします。どうちがうのかという点については、弁理士になるという方以外はそれほど気にされる必要はないのかなと思います。なぜなら、ご自身の知的財産を保護するために適切な権利はなんなのかといった観点から商標、意匠かその他知的財産権なのかを選択するからです。

というものの、商標か意匠かという問題については、商標は、事業の性質やお客様の特性などブランディング戦略から取捨選択し決定するものでしょうし、意匠は、デザイン性ある創作物ですから、すでに世にあるかないかと保護の必要性から判断する問題です。

商標・意匠を出願するのみですと、ご自身でも十分可能です。しかし、出願する内容を精査すること、権利侵害の対応、日本以外での知的財産権の保護を必要とする場合は、専門の弁護士にご相談下さい。

商標・意匠に関する相談

  • 商標、意匠の出願する内容
  • 商標、意匠に関する警告状
  • 商標、意匠権の侵害
  • 拒絶査定不服審判
  • 商標、意匠のライセンス等交渉
  • その他商標、意匠に関するご相談

MENU