誹謗中傷に関するご相談

インターネットに強い弁護士

インターネットを利用している人は9割に上り、70歳以上の方でも大半がインターネットを利用するようになりました。何かわからないことがある、この店どうかな、この商品どうかななど、口コミサイト等インターネットで確認するのが当たり前となりました。

また、フェイスブック、インスタグラム、ライン、YouTube、TikTokなど、個人が流す情報が多くの目に触れるようになり、たった一人の顧客対応を誤ったがために、大企業でさえも、経営を揺るがすほどの事態になることが少なくありません。大手の企業では、自社の口コミを確認するシステムを導入しているところさえあります。

誹謗中傷に関するご相談

一度拡散した情報を消去するのは至難の業ですから、出来る限り早く対応する必要があります。また、サーバーに残る情報(タイムスタンプ等)も、永久的に保存するものではなく、半年ほどで消去されてしまいます。サーバーの情報が消えてしまうと発信元を特定するのは不可能です。いずれにしても、早急に対応しておく必要があります。
どの業界においても、インターネット上の情報を軽視できません。

誹謗中傷に関する相談

  • インターネット上の営業妨害
  • ブログ、口コミサイトで虚偽悪意情報が掲載
  • 誹謗中傷する情報が掲載
  • 検索候補、関連ワードなど

MENU